愛知県高浜市の県議会議員 杉浦たかしげ オフィシャルサイト

文字サイズ 中 大 大大
杉浦たかしげ オフィシャルサイト
HOME 私の提言 報告BLOG プロフィール 後援会の案内 ご意見募集
報告BLOG

2012年03月16日

地域振興環境委員会

16日(金)2月定例議会、委員会も今日で全ての終了しjました。34年度予算2
兆2546億円余の予算審議も23日の最終日を待つことになります。

遅くなりましたが14日開催、地域振興部関係の委員会について報告致します。

地域振興部関係の予算合計77億2095万円。主な項目は地域振興総務費15億2
244万円、計画調査費27億193万円、国際交流費18億182万円、名古屋航
空費14億2155万円。

予算は8委員会の中で一番小額ですが、政策的予算の中枢を担います。開会後、陳情
第92号「設楽ダム建設事業の見直しを求める陳情」陳情者「市野和夫氏」より口頭
陳情、建設反対の意見を受けました。

議案審議では飛田常年委員「西尾・蒲郡線維持対策特別補助金」、大見正委員「東三
河振興ビジョン」、安藤としき委員「身近な民主主義」について熱心に質問がありま
した。

議案質疑終了後、一般質問、大見委員「設楽ダム建設について」飛田委員「設楽ダム
建設について」石井委員「愛環とリ二モについて」安藤委員「県営名古屋空港(南入
口)について」稲垣委員「中部国際空港滑走路拡大と利用促進について」岡江委員
「多文化共生について」半田委員「身近な民主主義について」小島委員「離島事業
(島娘)の評価。山村事業の展開について。ベトナム留学生について」

設楽ダム建設は「地元関係8市町村」全て賛成である。私も現地に何度も足を運び説
明を受けましたが、「山深い自然豊かな渓流にダムを創るのは心が痛む」だが「設楽
ダム建設は東三河35年来の悲願」と
言う言葉は重い。「自然環境を守る意識は地元を含め皆有るだろう」地元は高齢化、
過疎化、経済性など「東三河の苦悩の歴史が有り、その中で決められた事」地元の意
見を重視するのが県議会。中止は難しいことだ。

名鉄「西尾ー蒲郡線」8300万円の維持特別補助金。西尾、蒲郡2市に「3分の
1」路線維持補助しているが25年迄、沿線には「子どもの国」などが位置していま
す。
ローカル線はどこも赤字路線、便利性を優先する社会では自動車にはかなわない。今
後の地元の熱意に期待したい。

東三河振興ビジョン、「大村知事の旗振り」で永田副知事が先頭を切って「10年後
の東三河振興の有るべき姿」を具現化推進する。「地元の期待も大きい」地元協議会
の24年度の行動計画策定に期待したい。

三河山間交流居住事業。23年度「離島事業(島娘3人、80日間チャレンジ)」の
成功と話題性を受け、24年度は(山娘)?「2匹目のどじょう」を狙って?山村活
性化事業に期待したい。

県営名古屋空港、名古屋国際空港路線拡大、今後も利用拡大が大切。格安航空誘致に
は消極的な答弁だ。今後、航空産業も2極化が進み要望も多いと見る、検討課題とし
て取組んで欲しい。

地域振興環境委員会の傍聴は環境委員会1名、振興環境委員会8名。発言回数合計1
24回でした。

地域振興環境委員会委員長としては最後の委員会。山田振興部長も31日で勇退す
る。大見委員が労をねぎらいつつ質問し拍手で終了した。

また報告いたします。
posted by 杉浦たかしげ at 19:45| Comment(0) | 活動報告

PAGE TOP
  HOME   |    私の提言   |    報告BLOG   |    プロフィール   |    後援会の案内   |    ご意見募集    

愛知県議会議員 杉浦たかしげ Official Site

杉浦たかしげ事務所    〒444-1325 愛知県高浜市青木町九丁目5番地37  [TEL]0566-53-0882